· Diary

気持ちやカラダの痛みが起こった時

それがたとえ居心地悪く

不快に感じられるものだとしても

その気持ちや痛みに

抵抗したり

コントロールしょうとしたり

解釈したり

原因を追求したり

意味づけしたり

避けようとせず

物語を作らず

その気持ちや痛みをそのままにして

共にあるとき

根底にある平安があらわれてきます

苦しみは

今から逃れ

抵抗した時にだけ現れます

自転車から転んでケガしたとき

激痛とともにただあるとき

痛みの根底に平安がありました

慕っていたひとがなくなり

ただ悲しみと共にあるとき

悲しみの根底には平安がありました

湧き起こる気持ちや痛みがありながらも平安は共にあることを

目の当たりにしました

不快と思われる感覚や気持ちをあるがままに体験することと苦しみはちがうんだと

思考の夢から覚める

目覚めたとしても

人生には起きることが起き

時には痛みや悲しみも起こってくるでしょう

どんな気持ちや感覚が起こってきても

わたしたちの自然な質は失うことなく

いつもここにあります

この気づきは

出来事やひととの関係を

根底から変えるでしょう

表層の不快を心理的に

避けたり怖れたりする必要がなくなるからです

すべては この静寂の気づきからあらわれ

それは 押したり引いたり 避けたりする必要もなく

慈しみから湧き出るものとなります

わたしたちは快適でいたく自分の不快を怖れ

思考の物語りを信じて 外側から守ろうとします

それは 縮こませ

苦しみにパワーを明け渡してしまうことになります

移り変わる事象には

色々な感覚や気持ちも起こってきます

それらの感覚をそのままにして

いまにあるとき

根底にいつもある

わたしたちの自然な質が

あらわれてきます

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK