サイトへ戻る

ひとは内なる源泉で生きてゆける

· Diary

ホントはひとはひかりを食べて生きていける

木とひとつになったり

お日さま浴びたり

海に入ったり

自然に身を置くと 

エネルギー満ち満ちでおなか減りません

前は自然からエネルギーをいただいている感覚だったのですが

いつからか分かりませんが

今は内なる源泉が自然たちと共鳴して

源泉からどんどこエネルギーが湧き出る感覚です

瞑想やヒーリング

ひとや動物たちとのハートの交流によっても内なる源泉からエネルギーが湧き出てきます

話がそれました

食べ物もエネルギーをいただいています

そのエネルギーの取り方が食べ物からより密度の軽いひかりになるってことで同じことです

気がつけば1日1食になって5年くらいは経ってると思います

目指したわけでもなく

2食食べるとカラダもココロも重たくなって 

時には起きれなくなったり

舌に血豆を作って 

これ以上たべないで!ってカラダがあらゆる形で訴えかけてきて自然にそうなりました

一時期強めのデドックスの時期は

カラダが食べ物の消化よりカラダの洗浄をしたかったようで 

カラダから強制的に食べ物は受け付けず(何を食べても寝込む)

お水やかろうじて果物はオッケーの時期や

果物が唯一食べてカラダが楽ちんな時期もあり

そういう時はカラダのまま気がつけば果物だけで過ごしていた時期もあります

そんな周期が繰り返されてる間に

本来のカラダの機能がよみがえり

排泄上手なカラダさんになったようで

すこしでも添加物や精製物 酸化してるものを食べると

舌がひりひりし

添加物や酸化物が血中に周り

だるくなったりしますが

これも添加物たちを排泄してくれてるプロセスにすぎません

カラダさんが教えてくれて 

すぐに排泄してくれます 

ありがたい!

そうやってるうちに自然にお肉は食べず

添加物や酸化もできるかぎり取らなくなり

お魚やエビは時々

果物お野菜中心の食生活になりました

また 果物周期がやってくるかもしれないし来ないかもしれませんが

今は一食食べる時みたいです

今は 朝から夕方まで 

飲み物と果物を食べ

食事をとるまで

内側の源泉からふつふつと悦びや

なんとも言えない幸せ感が湧き出てきます

食事すると

源からのその感覚は消えます

ひとはホントはこの源泉からの無限のエネルギーで生きていけるんだろうなーと思います

このごろ食に関することの情報が源泉からダウンロードされてて

今までの体験と一致して色々府に落ちてる最中です

今はお食事を楽しみたいと思うので(5分後はわかりませんが)

これからどうなるのかは全体性のプログラムにおまかせです

人間の1番あった食性は果物だと

色々な体験から体感しています

次に合ってるのは生野菜

火を通したものはいくら野菜でも

ハテナ?です

美味しくいただいていますが

楽しみでいただいています

じゃあ 栄養学は?

たんぱく質は?

ホントのことって

今常識で言われていることとはちがうことって結構あります

あたまで生きてたら

ホントのサインや訴えが聴こえません

わたしの言ってることも鵜呑みにしてはいけません

ご自身でカラダさんと対話することが1番です

誰しも1番のガイドはご自身の内なる知性ですもの!

あまりにも常識をくつがえすことばかりなので

聞き流してください

ひとって思ってる以上の存在なんだと

わくわくしますね!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK