· Diary,Luce program

きのう 朝起きると

何が起こっても 起こらなくても

なんでも いい ような

どんな 思いや 気持ちが湧いても

なんでも いいような

スコンと 自分が抜け落ちたような

ただ あるものを

言葉で 変換すらできないような

決して言葉で言い尽くせないのですが

スコンとなってました

こうして言葉をつづっている今も

これらは 自動で 起こってきていて

ただ風がふいているだけ といいましょうか

そんな 感じです

昨夜は 日食で新月

ルーチェプログラムでした

ユニバースのソースの光が流れ始めるとあたまの天辺が出産の時に子宮口が開くみたいな感じになって

表現しきれないくらいの

とても 細かく やさしい 精妙なエネルギーが流れ 全部を包み込んでいました

その感覚も

自分 が感じてるのではなく

その感覚が起こってきた

ただそれだけで

風が吹いたようなもの

やっぱり わたしたちは 自然で

最初から 自分 なんてなくて

自分が 為していることなど

なにひとつないのだと

自分 が薄まれば 薄まるほどに

深い やすらぎとともに

この世界のあるがままの姿があらわれてくる

そんな感じがして なりません

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly