サイトへ戻る

いい人になりたい人からどうでもいい人に

· Diary

海ガメ♡

思えば物心ついた時から

「無条件の愛の人になりたい」

って思ってた子どもでした

何があっても怒ったり嫌だって思わない いい人になりたかったのでしょうね

気がつけば

いい人になりたい人から

そんなこと どーでもいいただの人になっていました

あらゆる湧き起こる気持ちは湧き起こるし

イヤなことはイヤだし

おもしろい時はお腹の底から笑うし

うれしい時はめちゃくちゃうれしいし

怒る時は怒るし

純粋に喜怒哀楽を感じる

なーんだかこの方が無理なくて 生きやすくて 気持ちいい!ってなってました

ま これしかできんのだけど笑 

逆にもう沸き起こるそのまんまそうであることに対して 理屈や正論を語られる場面では なんだか窮屈で不自然に感じ 大きな違和感が

わたしたちは誰もがみんなはじめっから そのまんまでよかったんです

〇〇なったらゴール!は蜃気楼みたいなもので

短所も長所もなく

改善するところもなく

今ではない誰かを目指す必要もなかったんです(目指す目指さないは自由なのでなんでもいいのですけど)

目指したところでそれは 

「お天気をいつも晴れに保っていなくては!」と思うのと同じくらい

不自然で 無理な話だと正直な人ならもう気付いてることでしょう

唯一変えるところがあるとしたら

「今のわたしはまだまだだめ」

っていう考え方だけ

自分に沸き起こる 

どんな気持ちや感覚も

「そうなんだねー」

ってそのまま優しく包み込んで 感じきって 気が済めば 自然にすべては終わっていく

何が湧いても「かわいいやん」って観てあげる

わたしたちにできることはそれだけ

単純でカンタン♪

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK