« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月 アーカイブ

 

2012年01月27日

永遠 

013.JPG


ブラピの「数奇な人生」とっても素敵な映画でした

一人 一人 誰もの人生が ホントに素晴らしくて 

出会いも別れも 奇跡なんだなぁ って じ~ん ときました


美しい景色や  

楽しい時間 

出会いがあったり  

別れがあったり

生きてると 現れてるものには 永遠なものってないけど

現れてるものが どんなに変化しても

心の奥には みんな変わらぬ永遠を持ってる


人生のある接点で 出会うようになってて

たとえ その接点が 離れてるかのように見えたり

終わってしまったかのように思えても

元気かな?って 思いを馳せたり 幸せを願ったり 

その方や その景色を想う気持ち

そういう 目に見えないコミニュケーションでつながってて 

心の奥には 何ものにも揺るがない 永遠が


大切なものは 目に見えないんだよ 
 

星の王子様の言葉が

年を重ねれば 重ねるほど ハートに染みわたる気がします


映画って ほんっとに いいですねっ ・・・水野さん風に 

  

 

2012年01月26日

YUKI

yu.JPG


今日は 朝起きると 雪でまっしろしろになってました


雪が降ると 小学校の帰り道 手袋の上に乗った雪の結晶の形を初めて見て

その美しさに とっても感動したことを 思い出します


雪が降ると寒くて 車の運転は ドキドキするけど 

今も 雪が降ると ついつい 雪を手ぶくろに乗せたり 

舞い降りる雪を眺めたり

窓に張り付いてる雪に結晶を見つけては 

宇宙の美しさを目のあたりにする感じがして ワクワクします


中谷宇吉郎さんの 雪の科学館へうかがった時

ダイアモンドダストや 

氷が溶ける時に 美しい形が浮かび上がる チンダル現象を実際に見せてもらって

こんなに 細かいところまで こんなに美しく計らわれて

ここは 美しいもので 溢れてるんだなぁ って

おおいなる意思 の優しさというか 温かさというか そういうのを感じて

そんな中で 生かされてることが  

うれしくて ありがたくて たまらない気持ちになります


夕日や ぽかぽかな太陽の日差しや しとしと降る雨

空に浮かぶ月や 輝く星 

あっ さっき ノルウェーでオーロラが観測できたって

とっても美しい写真が 夕刊に載ってました


そんな中で こうして生かされてることが ありがたいです


2012年01月23日

ALWAYS 

ri-gasu.JPG


昨日 映画ALWAYS観てきました

温かな人間模様に 心がほっかほっかになりました


前作は 5年前だったそうなので 

え~っ 前の時 息子たち 小3と小1だったのっ?! って 驚きでした

確か あの時も 息子たちが

「 ALWAYS 観たいっ! 観たいっ!」って 連呼してて 一緒に行った気がします

ホントにあっという間


きっと 今のこの時を懐かしむ時が やってくるんだろうな


ひとつ ひとつ ていねいに 大切にいきたいなって 思いました


さぁ あたらしい1日のはじまり


今日も 気持ちよくいきましょっ!


2012年01月18日

いつも共に

bu.JPG


今日も気持ちよく 夕方になろうとしています


答えは すべて 自分の中にある

苦しいときは 

つい つい 周りの状況や 起こったことに目を向けがちだけど

その あるがままの状態に抵抗して 自分が創り出してることに 気がつくと

そこから すぐ 自由になる


もがくときは もがくだけもがいて 

また ここに戻ってこればいい 

その度に きみは拡がってく
 

そして もう マインドに駆られた人生はたくさんっ って 

ずっとそこにはいれなくなる

気持ちの変化も すべて 自然に起こってくる

確固たる計画には 

無駄なことは ひとつもない 


この 壮大な秩序のもとで 誰一人とそこから離れてる人はいない

どんなときも 


みんな はじめっから この母なる手の中で 生かされてるし

迷う時は 思いっきり迷って いつでもここに戻っておいで


安らぎは いつもここに あなたと共にあるから


 


2012年01月13日

あたらしい 

018.JPG


新しい朝の はじまり はじまり


やっぱり この わたし っていう現れは  

生きてることに興味があって たまらないんだな

きっと 答えのない  

そして結論の出ない それに 興味があって たまらないんだろうな


そして やっぱり 何より

みんなの しあわせそうな顔や いのちが大好きなんだな 

ただ それだけなんだな


今日も すっかり お任せしてしまって 出るまま 

静かなところで

2012年01月11日

朝だ 朝だ

027.JPG


昨日から 息子たちの学校が始まって 

怪獣たちが いなくなったぁ~っ  ほっ

いつもエネルギー有り余ってたのか 兄弟で戦ってましたからっ(笑)


いろいろ 書いてるけど 

結局 あたりまえに 生きる 

他の何かになろうともせず  何かを自分に強らすこともなく 

ただ ただ あたりまえに 生きることに尽きるなって 思います


ご飯食べて 会う方にあって 運動して ご飯作って お風呂入って 寝て 

ただ 毎日 たんたんと生きてるだけです


時には 愚痴も言うし 嬉しく笑うし そのまんまです 

特に 立派な人でもなんでもないよ 

この地球でこの体をまとってる以上 みんな ホントに同じ 


どこにもいかず 何も目指すこともなく 

今のわたしにくつろいで生きてるだけ  

・・・これを たんなる 開き直りと言うのかも(笑)


きっと おばあちゃんになっても 

嬉しくなったり 悲しくなったり  

いろんな気持ちを感じながら この地球で 生かされてくんだろうな


煩悩最高!    ・・・これ 変ですね(笑)


それを ここにしに来てるものねっ


さぁ 今日も気持ちよくいきましょっ


みなさん いつも どうもありがとっ


2012年01月10日

今日の日もありがとう

yuki.JPG


今日も 起こることが起きて 

でも おおもとから見たら なんにも起こってなくって

なにがあっても なくても そこは静かで穏やか

深海の 静寂の中に 実はいつもいて みんな ホントはこれ


表層が 何があっても なくっても 

表層が この深海を知ってても 知らなくっても 

みんな この深海そのものだから  

表層で 知ってるって思ってる人と 知らないって思ってる人の差もないし

知ってるって思ってるからって

表層での 出来事は たんたんと起こってる

なので 表層での ものは なんの違いもないし

わかってる人とか わかってない人とか そういうのも存在しないし

ただ 宇宙を通して あらわれるまま あらわれてるだけ


ここは リーラ 神さまのたわむれ 

たまたま 名前がついて 存在してるように思うだけ


みんな みんなが 宇宙の現れで 


みんな 降り落ちる 雪の結晶のように

頬にあたる 風のように

満天の空に輝く 星のように 

宇宙の現れとして どんなときも 輝いてる 


わたしたちみんな 雪や風や星と おんなじ


はじめっから みんな みんな この無限の意識に抱かれて 生かされてるから

安心して 今にくつろいでても だいじょうぶ


2012年01月09日

あたらしい朝

%E3%81%99%E3%81%9A%E3%82%81%E3%81%95%E3%82%93.JPG


朝 ピッピッピッって すごいたくさんの鳥の鳴き声がして

窓の外を見ると 木や電線に すずめがいっぱい 


みんな 羽を膨らまして お話しながら木で一休みしてるのかな  


みんな みんなに  あたらしい朝が来た


今日も 気持ちよくいきましょっ 


2012年01月08日

みんなおんなじ

niz.JPG


表裏一体だなぁ

セットになってる


自然も 時には人を癒し元気に 生きる力を与え 時には命を奪う

人と関わりも 暖かさや 優しさに触れて 嬉しくなったり 

時には 落ち込んだり 悲しくなったり どちらか一方だけはない

それが 流れの摂理で 自然なこと


落ち込んだとき 

人の優しさや 笑顔 空の青さや 心地よい風に 救われ 励まされて 

今があるように思います


辛いのが嫌だからといって 感じないふりするのも 無理だし

もしも シェルターの中に入って 一切外界との接触を断ってしまえば

辛いことも感じない代わりに 悦びも感じることは出来ない


存在はあるだけで 周りを生じ克すもの 

わたしも 生きてるだけで 知らないうちに何かを生かし そして 傷つけてる

実際 生きてるだけで 排泄するし 毎日ゴミいっぱい出してるし


何もかも 不完全なもの そんなもの


だから そのまんま 

落ち込む時は 落ち込んで 

悲しいときは 悲しんで  

それも ちゃんと味わい尽くしたら 流れていくから  だいじょうぶ


この体で ここにいる以上 体験することは するようになってて

それは みんな みんな おんなじ 

 
気持ちの風通し良くして 

思いっきり 人間を満喫です!


さぁ 今日もきもちよくいきましょっ! 


 


 

2012年01月04日

いつもあたらしい

022.JPG


連続してるように見えるし

わたしはこんな性格 って 個性 があるようにも思うけど

個人が存在してる っていう視点からは そんな風に見えるけど

ホントは 性格も個性も 時間という連続性の記憶で 作り上げられ

自分がやってる っていう 自我意識の上でしか成り立たないもの


ホントは 朝のわたしと 今のわたしは 全くの別人

ただ その時 そのように起こってるだけ


時には さざなみのように穏やかで  時には炎のように激しく

常に変化してて  全く同じはひとつもない


そこを超えたところ ただ在るところは 

表層の意識に全く影響されることなく いつも誰にでも在る


しあわせを感じてる人も  悩んでる人も  根底に在るそれは 全く同じ


なので 優劣も あってるも間違ってるも 失敗も成功もなく 

ただ そのときは そのように 起こってるだけ 


視点が 変化してる 表層の自分から 根底のただあるところへ

みんな 変化しつつある時

それも 動き 無常の中のひとつ 


そのとき そのとき 起こることが起こってる ただそれだけ 


2012年01月01日

あけましておでとうございます

033.JPG


     みなさんにとって 素晴らしい1年になりますように!


 


 

 

About

2012年01月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。