« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月 アーカイブ

 

2011年08月26日

毎年恒例

%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA.JPG


今日は次男の直汰の 登校日

宿題をいくつか持っていかないといけなくって 

昨日の夜 寝ていたら 横で「 宿題 終わらん どうしよう 」 って

うぉ~ん うぉ~ん泣いてました  それが 夜の11時・・・

まだ 時間あるから だいじょうぶ やるだけ やろう と

それから 2時まで頑張れました! 

あたまが働かなくなってきたので 朝5時に起きてすることになって

そして 今 横で眠い目をこすり 半分べそをかきながら ラストスパートです 


また 今年もこのパターンになってしまった・・・ 


変わりに宿題をするわけにもいかず

親は見守ることしかできない

でも きっと 何があっても なんとかなるもので 

子供は そのとき そのとき しっかり足を踏みしめて 前に進んでる


さぁ 間に合うかな? 


*****

おかげさまで お友達が呼びに来る寸前になんとか終わりました!!

送り出して ほっと一息 ・・・も束の間 


あれだけがんばった宿題が テーブルの上に忘れられていたのには 

おなかを抱えて 大笑いしました(笑)


2011年08月24日

風まかせ  

asagao.JPG


そよ風に 身をまかせ 

理由はまったくわからないけど

すべてのタイミングが計らわれている

そこには なにひとつ 偶然はなく 

個を超えた 壮大な何かに 生かされている


真の悦びは 

状況や 他の何かからでは 決して満たされることはなく

天に降参して 

天のはからいにすっかり身をまかせ


いつも もうずっとここにあったと気付くようなもの 

2011年08月20日

信州へ 

%E3%81%8B%20%281%29.JPG


お盆は 長野の戸隠 湯田中温泉 志賀高原へ 行ってきました


戸隠の 樹齢2000年の杉並木の参道 素晴らしかったです

森や ひんやりした風 最高でした


湯田中温の よろずや

江戸時代からそのまんまのお風呂は 千と千尋を思わせるような 

素晴らしいお風呂でした


みんなの笑顔が たくさん見れて うれしかった 


2011年08月13日

ほっこり 

002.JPG
 

白山登山が 雨のため中止になったので

昨日 前から行ってみたかった 

山中温泉の花つばきにある 湯畑に入ってきました


大自然の中 川のせせらぎの音を聴きながら 温泉につかり 

体の芯からほっかほかになりました

行くところは行くようになってて 流れがおもしろいです


山中温泉は 渓流沿いには とっても気持ちがいい遊歩道があり 

温泉街には コロッケや 大吟醸アイスなどなど いろんな名物もあり 

素敵な温泉宿も いろいろあって おすすめです


2011年08月11日

道元さんの言葉 

hanabi.JPG


仏教に詳しいMさんに 教えていただいた言葉

道元さんの言葉です


ただわが身をも心をも放ち忘れて 

仏のいえになげいれて

仏のかたよりおこなはれて

これにしたひもてゆくときに

ちからもいれず

こころをも つひやさずして

生死をはなれ

仏となる


***ただ わが身とわが心をすっかり忘れてしまって

すべてを大いなる意識におまかせしてしまって

大いなる意識がわが身を通して 行われて

それにしたがっていくと

力もいれないで 心も疲れることなく 

生死を離れて 大いなる意識そのものとなる***


みんな はじめっから 大いなる意識そのもの


さぁ 今日も気持ちよく おまかせでいきましょっ


 


2011年08月06日

毎日おつかれさまです

001.JPG


夏休みに入って 長男の直樹は毎日部活に明けくれ まっくろくろにこげこげです

お昼寝中の直樹とくつろいでるレイをパチリ  しめしめ 

あたまは陸上でいっぱいで いつもパソコンで色んな選手の走りを見たり 

タイム表を眺めてます


次男の直汰は 毎日お友達と遊んで たのしくって 仕方ないようす

昨日もご飯の時に 週末にある盆踊りや お友達と行く健民プールの話になると

「 楽しみで ドキドキしてきた 」って

胸がいっぱいでカレーを食べれなくなってました(笑)


今年の夏休みは わたしの通ってるジムの近くにできた図書館をよく利用し

静かで 涼しくて 真っ白で みんな大好きな空間のひとつになりました


毎日 あたまに何にもなく 何も考えれず ただ出るまま するままなんですが


何気ない毎日が  ありがたいなぁ  と今思いました

 


2011年08月03日

十人十色

013.JPG


それぞれ一人ひとりの表現や受け止め方があって 

この世界を眺めてる感覚も 

10人いたら 10人の色があって

だれひとりと 全く全部おんなじっていうことはなくって おもしろい!


だから その人になってみないと その感覚とか気持ちのホントのところって

わからないもので

自分が そういう風に思わないからと否定できるものは ひとつもないなぁ と


それぞれが 宇宙の現れとして そのように解釈したり 思うようになってて

ホントはみんなひとつだから 全く大きな意識の中の現れのひとつとして

その担当をしてるだけなんだもんね


その 現れ同志が 出会ったり 触れ合って 


金子みすずさんの 詩の中のように


みんなちがって みんないい 


って ホントに ホントにそうだなぁと思うのでした 


About

2011年08月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年07月です。

次のアーカイブは2011年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。