· Diary

思考の夢から覚め出すと

今まで信じてやまなかった

自分が持っていた観念やイメージあらゆるものが真実ではなかったと目の当たりにします

夢見にどっぷりはまっていた頃には疑問にも思わなかった真実ではないものに

居心地が悪くてたまならくなります

真っ暗な部屋に明かりが灯り

お部屋のちらかった空間が明るみになり

居心地が悪く感じる感覚と似てるかもしれません

もう自分を収縮させる観念

真実ではないものを

ごまかしたり

見ないふりはできなくなってくるのです

そこには自分を正当化せず直視する

誠実さと正直さが大切になります

わたしはどのような考えを信じて分離の状態を作っているんだろう

もうそうであるあるがままあるものの何に抵抗しているんだろう

とことん正観し

時には心に深く潜って見つめ

分離を作っている真実ではないあらゆるものが解体されていきます

わたしを苦しめたりモヤモヤさせれるものは

わたししかいないからです

その機会は素晴らしい恩恵です

無意識に自分が握っている分離した物語を明らかに見る機会を与えてくれているからです

もうそうであるあるがままある全てのものに心理的な対立がない時

無条件に全てへ慈しみが自然と溢れてきます

これはわたしたちが良い人 正しい人になるための方法を話しているのではありません

それはわたしたちが目指したり成るものではなく

そうではないものにならないためのことの方が大切です

わたしたちの本来の自然な質の話です

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK