サイトへ戻る

繊細さは恩恵

*いやなことから全力で逃げる*

· Diary,HSP

あらゆる感覚に敏感で感受性豊かなひとは

直観的にあらゆるセンサーに長けているので

すでに感じてしまっている感覚を感じないように克服しょうとすると 人生がより複雑で苦しいものになってしまいます

無理しない

嫌なことをしない

嫌なひととはつき合わない

これを徹底することで

ホントに楽ちんでしあわせな人生になります

嫌なこと

嫌なひとと感じることは決して悪いことではなく

自分にとっての大事なセンサーが働いている証拠です

ウサギがライオンに寄って行かないのは

ライオンが悪いわけでもウサギが悪いわけでもありません

不快に感じる感覚を大切にして

それらと健全な距離を保ち

自分が心地よいと感じるところで生きること

その本能的直観、感覚に素直に生きること

それが自然でニュートラルってことです

このデザインを持って生まれてきたということにもちゃんと意味があります

強力な羅針盤のセンサー付きですから

超ラッキーです!

その環境にいて

自分のいのちが消耗すると思ったら

全力で逃げてください

それはわるいことでもなんでもありません

動物たちは津波が起こる前に察知して

高い山に逃げ込みます

それと同じ自然なこと

ホントはすごくシンプルだけど

善悪の実を食べてしまってから

ひとは自然に湧き起こる感覚にしたがうことを忘れてしまい

人生に抵抗や困難を感じるようになってしまいました

かつてわたしもイヤだ感じる感覚をわるいことだと思い

その感覚を感じない自分に!と克服しょうと立ち向かった時期もありましたが

それは川の流れを逆流していただけの

方向ちがいだったということがよーく分かりました

もやもやしたり

ちがうなと思ったり

自分のいのちがすり減ってく感じがしたり

そこにいる人生がイヤになってきたら

逃げてもいいんです

それはその方向はちがうというサインだから

その感覚にしたがう勇気があれば

川の流れのように

スムーズに抵抗なく人生は流れていきます

わたしたち誰もが

わたしたちのままで

ちゃーんと心地よく生きてゆけるようになっています

世界はそんな風にできてます

じゃあ

すべて自分の鏡や

自分が世界を創り出してるから自分が変わらないと。。。思っているけどそれとはちがうの?

について

次回に書きまーす

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK