· Diary

日々 気の向くまま

ユニバースに気持ちよく生かされてると感じて暮らしている

 

そことは また ちがうところ

それとは比べものにならない

普遍の深い平和や安らぎ

圧倒的だけど 静かな よろこび

何かによって 増えたり 減ったりしない

それは いつも 共にある

気がつけば あたまの声がなくなった

時にあたまの声が出そうになると

気がつくだけで消える

すると そこには 意識しなくても

圧倒的な それ がある

あたらしい感覚 って

漠然と思ってたけど

わたしは

あたまの声でも

感情でも

過去でも

未来でも

物語でも

人生でも

してることでも

出来事でもない

本当のわたしは

その 根底にある

存在

プレゼンス

路上の鉢植えの 眩い いのちの煌めき

トイレに行って 排泄できる 奇跡

たえまない いのちにただくつろいでいる 感覚

からだがリズムに乗って 動く不思議

こどものように すべてが新鮮な感覚

今 を生きる

それは 時間のない 永遠の今

プレゼンス

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly