· ELM瞑想

わたしは思考ではない

これは 観念でも 理解でも そう言い聞かせて生きることでもなく

そのあらわれにプログラムされていれば エネルギーの変異で 明らかになってくること

それが明らかになっても

思考がなくなったり

聖人君子になったり

好みがなくなったり

まったく物語に巻き込まれなくなったり

色んな気持ちが沸き起こらないということではなく

あらゆることは起こってきます

ただ 時に その起こってくることを個人的にとらえる収縮した感覚がうすれる副産物として

あたまで作り出す物語が本当ではない気づきがあったり

時に物語に巻き込まれても

巻き込まれることに巻き込まれず

深刻さはうすれ

人生はシンプルに

それは 個人的なわたしがなにか努力して成るものではなく

個人的なわたしではないところから

もともと ずーっとあった それ が明らかになる

映画に例えると

誰もが 映画の主人公ではなく

映画で起こってくる出来事でもなく

映画が映し出されている スクリーンなのだ

主人公がそれに気付くのではなく

ずーっとあった

スクリーン自体が明らかになる

わたしが

スクリーンを明らかにしょうと目指したり

わたしが今以外のなにかになろうと

努力すればするほど

主人公が強化され

スクリーンが覆いかぶさってしまう

なんて パラドックス!

なーんだ!

主人公のわたしを改善しないと!

スクリーンを見つけないと!

いつもスクリーンにいないと!

ってがんばってきたけど

はじめからスクリーンだったんだ

そして ストーリーではあたかも個人的に何かを為したり 思ったりしてるようで

個人的に何かをしたり思ってる人はいなくて

すべては全体という脚本だったのか

本当にあるものはスクリーンだけだったんだ

そして映画はつづいていく

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK