« 2016年05月 | メイン | 2016年07月 »

2016年06月 アーカイブ

 

2016年06月04日

つれづれなるままに

2016%E6%98%A5%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%86%E3%82%BF%E3%82%A4%20812.jpg


「わたし」目線から見ると

言葉ではいいつくせないくらい 変容が起こってる


「わたし」は 宇宙の顕れ 宇宙の表現の一部なので 

「わたし」がそのために個人的に何かをしてるわけでもなく 

すべては自然に起こってくる


自由意思は 個人が存在する と思ってやまない世界では あるように感じるけど

自由意志を持った分離した存在など はじめからいない


宇宙は愛でできてて

人はエネルギーなので

エネルギーの周波数が変化すると チャンネルが変わって

見えてくる世界も まったく別のものになる


周波数が変化し 密度も軽くなってるのか

魚や穀物を少しでも食べると エネルギーが どーんと重たく感じ 

やたらとフルーツを欲するのもおもしろく

すべてはエネルギーで 

「わたし」というこのエネルギーの動き 周波数も 

たったひとつのエネルギーの循環の一環なのだと 実感せずにはいられない


その周波数も 季節が移り変わるように 行ったり来たりで 

体も感覚も 新たなエネルギー磁場へなじんでいるような感じ

それも 留まることなく 瞬時変化し動き続けてる


起こってくることに焦点を当ててみると

一見 常識や見かけでは そちらの方が良さそうに見えるようなこと

 例えば 何かの誰かの希望に沿うことが 良いように感じる場面など 

それが理にかなっていなければ  起こらないし


一見 愛とはかけ離れているように見える場面でも 

それが理にかなっていれば  起こってくる

いいとか 悪いとか 正しいとか 間違っているとか 

それは 計り知れず  まったく重要でもなく


起こっていることが 完璧   

それしかない


すべては愛の中で 完璧に起こってる 


その「愛」も 誰かに向かってや 何かに向かって向けられるような

一般的に思われてる 相対的な愛ではない

それは単なる感情でしかなく まったく別のもの


ただ 在る 愛 

本当は それしかなくて


ホントは 誰もいなくて 何も起こってはいない


 
 

 
 

 

About

2016年06月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2016年05月です。

次のアーカイブは2016年07月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。