« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月 アーカイブ

 

2014年01月29日

ぽかぽか太陽

2013%E7%99%BD%E5%B1%B1%20040.JPG


今日 金沢は快晴でした!


夕方 レイと散歩に出かけて 太陽いっぱい浴びて 気持ちよかった

川には カモも日向ぼっこしてました


太陽を浴びてるだけで 本当にありがたい

細胞全部 悦んでる

無条件にうれしくなる


太陽って 遠くにあるのに すごいな~ 

ここまで ぽかぽか みんなを照らしてくれて

お花も 野菜も 木々たちも 

わたしたちも 太陽浴びて 元気もりもり!


何気ない毎日に 奇跡がいっぱい 

今 この地球にいるうちに

この地球という星の美しさを ていねいに味わっていきたいです


2014年01月26日

人もエネルギー

2013%E7%99%BD%E5%B1%B1%20008.JPG


気がつけば ここ数年で 食生活が自然に変化してます

好き嫌いもないし

特に やめようとか 食べたらダメとか ひとつも思ってないのですが

体の声を聴きながら 心地よいことしてたら 


今は お酒もあまり欲しいと思わなくなったり  

感謝して頂いて 何度もチャレンジしたのですが お肉も 体に合わなくなって

果物や お魚や 野菜中心の 1日1食が 

体が楽で 今の私に合ってるようです 


自然いっぱいのところや エネルギー満ち充ちの場所に出かけると 

見る見る 体が軽くなって

テキメンに おなかがいっぱいになって 

お腹がすかなくなって たべなくっても 平気になります


前に 白山に登山したときも 登れば登るほど体が軽くなって

あまり食べなくっても 

お腹っぱいで 元気もりもり状態が 2週間くらい続きました


そう思うと やっぱり 私たちは 食べ物から栄養も いただいてますが

みんなのいのち エネルギーを頂いてて 

みんな あらゆるものに生かされてるんだなぁ と そう思うのです


「 わたし 」 という 境界線もあるようでなくって

いろんなエネルギーが 出たり入ったり混ざったり 影響しあい 

光がゆらぎながら 波形になってる 

宇宙の模様のひとつなのだな って 思います


この 自然にめぐりめぐる変化と共に 

2014年01月23日

美しき星

2013%E3%80%8010%E6%9C%88%E5%A4%A7%E9%98%AA%E4%BA%AC%E9%83%BD%20034.JPG


気がつけば 1月ももう後半になってて びっくりです


何気なく 生きてるだけですけど  

日々 起こってくる 些細な 細かなことまでもが 絶妙なタイミングで

やっぱり生かされてるんだなぁ  って ありがたくなります

 

地球が回ったり 

星が移動したり  

花が咲いたり 

風が吹いたりする  

全く同じ意識で

このわたしも 宇宙の一部として

ここにある砂粒や 空に輝く星と同じように  

いつも どの瞬間も 在るようにある


全体の 決して偶然ではない 大いなる必然性に思いを馳せると

何とも言えない気持ちになります


やっぱり この地球はおもしろい 

本当に ここに こうやっていることって すごい事なんだなぁ って 

改めて思います

2014年01月14日

無為自然

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE%20030.JPG


今日 金沢は快晴です!


気持ちをコントロール出来る人こそが 成熟の印

コントロール出来る人になりたい って 昔は心のどこかで思ってました


気がつけば 今は 

「 気持ちをこうしよう! 」とか

「こんな人になろーっ!」 と思うことすら できなくなって 

全く 気が乗りません  


感謝しなきゃ 受け入れなきゃ  愛さなきゃ  許さなきゃ  って 思って 

一瞬そのように思えてるような気になって  

一見克服したような   以前より 成長 進化したような気になって

自分をごまかすことができるけど

そういうあとは 決まって

息を止めて苦しくなって 息を吹き返すように

「 あーっ!! やっぱり 無理っ!!」 って  

なろうとする前の状態になって

自分はまだまだだ って責めてた とことんやっての繰り返しでした  

ガンバってた!

コントロールというより 気持ちを押しこんでいたんですね


感謝の気持ちや 愛おしい気持ち  慈悲や慈愛も 

思えないときは思えないし

そういう人に なろうとして なるものでもなく

自然に沸き起こってくるものなのだと 散々やって 身をもって思い知りました


元々 私たちの本質は それなのですから

それに 覆いかぶさる 雲のようなも 枠や思い込みや 

それによって引き起こされた感情である 雲がなくなったとき 

自ずとそれが発露するもの


あなたの本当の質は もう元々それなので

それに覆いかぶさる 雲のような 思い込みや 気持ちや いろんな側面は 

本当のあなたではありません


この地球にいる以上 

特にいい人も 悪い人も 

聖なるものも 俗なるものもありません

みんな 全く同じ 宇宙の循環のなかにある一部であり

すべてを含んだ一部

平等 という言葉すら 不自然に感じるくらい 

すべての存在が すべての側面を持ってます


あなたはただ あなたのままで なんて素晴らしいのでしょう

あなたは ただ あなたのままであり続けるだけでよかった

何にも なろうとする必要はなかった


ただ いまの 宇宙の一部である いのちの躍動を

すべては 自然に為されてく

自然に為されるがまま  

宇宙の表現の顕れとして この地球で いのちを満喫するだけです


2014年01月11日

世界の創造

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20061.JPG


ここは すべて意識が創り出してる


全く同じ場所にいても 人の数だけ 真実や 現実がある


自分が 体験してる それだけが 唯一の現実に 思うけど


すべて 意識 観念が そのように映し出してることを思い出せば 

好きなように この世界を創造できる


今の その現実が気に入らなければ 

当たり前のように 馴染みきった思いを 

1度 本当にそうなのか? 疑ってみる

そして 知らずのうちに 自分に課せてる 観念をやめる


それだけで  

全く同じ場所でも 全く違う世界になるかもしれない

あるいは その意識 波動に合った 新しい場所が展開してくるかもしれない


淡々と 起こってる 何の意味もない 真っ白なこの世界を 

あなたの意識で どんな世界にも 彩ることができる


この地球は 本当に面白い星です

意識がすべてを 創造し

思ってるとおりの世界が 現れてくる 

思ってるとおりに この世界が見えるから


そういう意味でも あなたの世界の神さまはあなた

どこまでも どのようにでも あなたの世界を彩ることができる


2014年01月10日

誰でもない

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE%20046.JPG


「わたし」がある と思っていたときは 

このままの自分ではだめだから 欠点を直さないと と 

いつも心のどこかで思っていました

自分で 自分のあらゆる言動を判断し 優劣をつけ

今 思えば 心はずいぶん 忙しかった


本当の自分のところ 

愛や喜びすらないところ 

何もないところ に触れて


今まで 私だと思いこんでいたものすべて 

体も 心も 言動も 記憶も 性格もすべて

それは ほんの表層のエネルギーの波のようなもので 

本当は 何もない 

言葉では到底表現できない それだったこと


わたしなんて はじめっからなかった し

すべては わたしだった 


焦点が180度変わりました


どんな私も 今はそうであるだけ

人格も 自分があるという視点では 存在してるけど

無から見れば  一定した人格など 何もなく 

ただ 今はそうであること ただそれだけ

いのちの躍動の エネルギーの筒のようなもの


欠点を直さなきゃ

成長しなくては 

魂を磨かなくては

今の自分以外の 何かにならなくてはいけない という 思いから 解放され

誠の 自由 になる


自の語源は源   由はそのまま  

源そのまま ってこと


本当の自分に触れても 触れなくても

自分がいない って意味がしっくりこなくっても

まるごと ありのままの自分を 全肯定して生きることと 要は同じ


他の何者かになる 未来を目指した生き方から

今 そうであること 

ただ いのちの命の躍動の表現として 

今を まるごと 生きることに

いのちの悦びはあり


ただ この地球で 人間やってるだけで いのちが悦んでる

特別な何かをしても しなくっても 

ありのままに 生きてるだけで

笑っても 怒っても 喜んでも 不機嫌になっても 

すべて いのちが悦んでる

自然に ありのまま そのままで いのちが 悦んでる


昔から 探してたものは 

片時も離れずに どんなときも ずーっと もうすでにあった

2014年01月08日

蘇生

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE%20049.JPG


すこし 違う環境に身を置くことで 

今 もうそうであることが 本当にありがたい事がいっぱいなんだなぁ と

改めて 再発見しました


日頃 当たり前のように ある環境

実は 当たり前ではなく 奇跡の産物で すごくありがたいこと


何気なく あいさつを交わしたり 微笑み合うことで

どれだけのパワーや元気 安らぎをもらっていたことか

どれだけ 周りの人の温かな言葉や思いに囲まれているのか


日頃 身近にいる人も ここにこうしていることが当たり前ではなく

すべては 本当に ありがたい事なんだなぁ と


同じ場所にいても 全く違う場所のような

新鮮な気持ちで 今 この世界が映って見えます


やっぱり 体験し 細胞ひとつ ひとつで実感していくことは 

この地球の醍醐味です

体験に 無駄も 回り道もひとつもありません

起こってくることって 本当にすごいっ


このいまの気持ちを 忘れずに 

この地球の美しさ

もう そうであることの奇跡

すべての人々や存在の美しさから 目をそらさずに 

このいのちを 体験していきたいです


2014年01月01日

新年あけましておめでとうございます

%E3%83%90%E3%83%A9%20014.JPG


2014年 新しい年が明けました 


今年も 気持ちよく この地球で いのちを謳歌したいと思います


みなさん 年賀状ありがとうございました! 

みなさんのお顔想像しながら うれしく読ませていただいてます

ごあいさつは このブログにて 失礼いたします


今年も みなさまにとって 素晴らしい年になりますように お祈り申し上げます


今年もよろしくお願いいたします


2014年    元旦      神谷沙良


About

2014年01月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。