« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月 アーカイブ

 

2013年11月29日

至福のありか

2013%E7%99%BD%E5%B1%B1%20029.JPG


安らぎや至福は 物事の状況や 出来事 環境とは 全く関係のないもの

もちろん 美味しいもの食べたり  美しい景色を見ても とっても幸せですが

それは  ひいては消える波のようなもので  ホンのひと時の儚いもの

実は みんなの中に いつでも どんな時も 揺るがない至福がある


あまりにも近くにあるから 

そのものすぎて 見失ってしまってる

いつもは 思考という雲に 覆われて 分かりにくくなってるだけ


何者にもなろうとせず

いまの そのままの状態や自分を受け入れ

いまにくつろぐと 至福はいつだって ここにある


こうなったら幸せ 

こんな人になったら幸せ

これを 克服できたら幸せ は幻であり


あなたは 何者にもなる必要も 

人格者になる 必要もないし

どんな自分も 受け入れ 

もうそうであることを 受け入れ

在るがままの自分にくつろぐだけで

至福や安らぎは いつだって もうここにある


探していたものは はじめっから なかったんだ

もう いつも ここにあったんだ

克服すべきものも 何一つなかったんだ 

それを 思い出すことで 

探求の旅は終わり 探求すらなかったことを知る 


何かを目指す生き方から 

今 そうであることを すべて 受け入れ くつろぎきった ところ

ここにいても 人生は 無為自然に 展開してく

2013年11月28日

地球の同志たちへ

2013%E7%99%BD%E5%B1%B1%20002.JPG


今日も こちらをのぞいて下さり ありがとうございます


今年も もう少しになりました

母なる地球のエネルギーの変化  

それに伴う 私たちの変化も 本当にすごいなぁ って 日々思います


みんな誰もが 今までのパターンのやり方が機能しなくなってきて

あたらしいステージへと

日々 瞬間 瞬間変化して 

本当に みんなでやってるんだなぁ と感じます


ますます  在るがままでしかいれなくなり

魂の声に忠実にしか 生きられなくなり

はじめは少し あたらしい領域は 勇気が伴うことだったりするかもしれないけど

結局 頭でいろいろ考えても

魂に忠実に生きることしかできない わたしたち

その方が 実は すっごくスムーズに かんじるかもしれません


無理 は 理(ことわり)が無い(ない) ってこと

頭だけで こうしなきゃ こうあらねば  って 無理することは

不自然だから どうしても 苦しいものになったり 苦しみの対価を求める


魂の声は 自己完結

したいからそうする  ただ それだけ


でも 何一つ 間違えも 無駄なことも ないと思うのです

頭の声と 魂の声の聞き分け方は?  って 頭で答えを探そうとしますが

それには 答えも 正解も マニュアルもなく ひとりひとりの中にあるもの

体験し 体感し 細胞全体で実感していくしかない!


それをしに 地球に来てますから

それが この地球の醍醐味ですもの 


でもね なにがあっても なくても 大丈夫なんです 

すべては みんな源の顕現で

大いなる 愛の懐の中で起こってて

あなたの 最善なことにしかなってませんから

安心して 

せっかくですから

あなたの生きたいように 生きてください


同じ時代に 地球に降り立った 同士として 

あなたの生き様を 応援します!


2013年11月27日

%E8%99%B9%E3%80%80%E7%9B%B4%E6%A8%B9%20009.JPG


最近 北陸の空は よく虹が架かってます


今日も あたらしい1日のはじまりです!!


 


2013年11月24日

名も無きもの

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20138.JPG

息子は エヴァンゲリオンが好きで 


よく 「 エヴァ 深いわ~ 」 って つぶやいてます


昨日 車に乗ってたとき  エヴァのサントラ盤が流れてきたら 


 「 エヴァの映画 思い出すー 」 


 「 車って 名前あるけど  本当は車じゃないかもしれん 」


「 オレも おれじゃないかもしれん 」


「 名前がついたり 名乗ったら 

それが まるで リアルに 個別とか 別物として 存在してるように感じるけど

それって単に 人が名前を付けただけで  

本当はそうじゃないかもしれんし

本当は存在してないかもしれん  

何でも 誰でもないかもしれん 」  


息子の話を聴いてたら 勝手に 自分がなくなるような

そんな感覚が 起こってきました


わたし や あなたも 

たった今吹いてる 風や 雨や 草と同じ 名も無きもので 

すべては源からなる いのちの躍動


個別された 自分なんて 最初からなくって 


守るべきものもないし


証明する必要もないし


傷つくもことも 本当は なかったのだ


 


 

2013年11月16日

わたしという役柄

2013%E3%80%8010%E6%9C%88%E5%A4%A7%E9%98%AA%E4%BA%AC%E9%83%BD%20028.JPG


今日 金沢は快晴! 凛とした空気が心地良いです


すべては ただあるようにあるだけで 

それがとてつもない奇跡で

ここは すべての根底に流れている 大いなる意識の 顕現でしかなく

頭では及ばないところで いのちが 営まれている

すべては 大いなる 意識の躍動


そこには 間違えも起こりようもなく すべての現れが 完全たる体験をしている

ときには 思考に駆られ もがいてもいい

思ったような 自分で いれなくてもいい

すべての体験は 尊き 素晴らしき体験だから


もっと 違う自分に!もOKだし

何者にもならなくても OKだし

それすら いつも完璧なタイミングで 必要なことが起こっているのです


生きるのに 正しい生き方も テクニックもなく 

決して 特別なこともなく 

ただ あなたが あなたの生きたいように生きればいい


すべては 愛の懐の中

わたしたちは 

「わたし」という役を 自分という視点を通じて 演じているだけなのですから

2013年11月14日

白山さん

2013%E7%80%AC%E6%B3%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%87%8C%20021.JPG


先日 夕方に 白山さんへ寄ったら 参道はこんな感じでした

本当に気持ちよくって  大好きです


この 澄んだ空気 波動が みなさまに届きますように!


2013年11月13日

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%9311%E6%9C%88%E8%99%B9%20002.JPG


今日 虹が出てました


ただ あるようにある すべての美しさに 感謝をこめて 


2013年11月05日

全ては光の戯れ

2013%E7%80%AC%E6%B3%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%87%8C%20015.JPG


今 白山市にある 瀬波地区は 紅葉真っ盛り 

自然の織り成す美しさ  澄んだ空気  

この波動が みなさまにも届きますように !


すべては 波動なので その波動も瞬時に変化してる

その振動が ある領域の振動の体験が終わったら 

自然に その波動の領域が終わる

その波動に 優劣はなくて 

ただ そのように振動してるだけの ニュートラルな感覚の元のお話です


その波動の領域の体験が終わり 新しい領域への波動になったとき

環境や人間関係が変化したり

物質的な取り囲むものが変化したり 

また 身体的にも精神感情的にも

もはや新しい波動の領域では 存在できな波動領域のエネルギーが浮上し 

一見 体調不良という様々な形で 浄化されたり

落ち込みや 感情がモヤモヤする形で 解放されたり

新しい波動領域になるので  

心境が変化したり

気づきという形で 起こったりもする


「 気がつかないと 同じことが繰り返される 」というのも 

ひとつの見方だけれども

他の見方から見れば  

その領域での体験が終わり 波動が新しい領域になれば  

気づきすら もたらされるという見方もできる

単なる 捉え方の好みだけ


すべては 自然に 源からの波動で全てものもが振動している

すべては 自然に起こってくる 

無為自然  

本当にそうだなぁ と思うのです


その時になれば  そのようになってるし  

必要な出会いや 出来事も 起こってくるし

わたしたちは いつだって源の一部として振動してて

源から 離れてる振動なんてひとつもない そうでなければ振動できないですもの

その振動も 変化しながら 宇宙の源の顕れ 表現のひとつとして

ここにこう在る


そこには 正しいも 間違ってるも  劣ってるも 優れてるもなく

ただ 宇宙の表現の一つとして 在るようにあるだけ


そのとき そのときの自分を あるがままに受け止め 

感じたまま 生きる 

ただ それだけでいい と そう思うのです


2013年11月01日

ジェットコースター

2013%E3%80%8010%E6%9C%88%E5%A4%A7%E9%98%AA%E4%BA%AC%E9%83%BD%20020.JPG


今日も さわやかな1日でした

太陽の日が 気持ちよく うれしくなって いっぱいお洗濯できました!


先日 ジェットコースターに乗ったときのこと

はじめ ギューッと前の棒を握りしめて体を固くしてたら

風とか 動きの抵抗が すっごく強く感じて 息もしにくくって

すっごく苦しくて 怖かったんです 

こういう時は じっと耐えてる感じで 声も出ないんです 

こわさも 苦しさも 全部 飲み込んでるような(笑)


「 あっ 委ねよう 」 って思って 

手をバンザイして 脚もぶらーんとして 

ジェットコースターの動きに身をゆだねたら 

自分がジェットコースターの動きとひとつになって

大きな声も 出るに任せてたら  

逆に スリルや動きの変化が 面白くてたまらなかった!


終わったあとは スッキリ さわやかでした!


ジェットコースターと人生って いっしょだ  って思った


大きな流れとともに 身をゆだねながら 

そのとき そのとき 素直に 魂の感じるまま この地球を体験していきたいです

About

2013年11月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。