« 2013年07月 | メイン | 2013年09月 »

2013年08月 アーカイブ

 

2013年08月27日

大切なものは目に見えない

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20136.JPG


今日も快晴! 

朝 晩と鈴虫の声が聞こえてくるようになりました

着々と 秋になってるんですね


数年前のあるとき  自然に 意識が深~くなって  

静寂の なにもないところに行きました

そこには 本当に何もありませんでした

思いすら なにもありませんでした

この感覚を 言葉で表現するのは 限界があるので

どうか波動で感じてください


「 こんな なにもないの つまらん 」  って 思った瞬間 

いつもの表層意識に戻ってきました


そして いつも 「 わたし 」 だと思っていたのは 

ほんの表層の意識の部分だけで

実は 万物はこれだったんだ  と  一瞬にして想い出しました


感覚がある 感じることができる 

思いがある 思うことができるって すごい貴重な体験をしてるんだなぁ って 

これをしたくて ここにいるんだなぁって 

お腹の底から思いました


それから いつも どんな気持ちの時も 

どこかで 体験できてる悦びも 同時にあるような感覚です


何があっても 何もなくても  

その時 その時 体験してるだけで 終わっていくので

日々の出来事や 気持ちの動きに関して 

さほど 気にならなくなりました

表層の出来事と 至福や安らぎは 全く関係のないものなのだと

万物の本当の質 存在自体が それなのだと 


表層の状態を 幸せな状態にいつもしてなきゃ 

自分が満足できる状態に しなきゃ という

気持ちや 状況を 自分の納得いくようにしたい という思いも消えました  


自分のことで こうなったらいいな こうしたい という願望も 一切なくなりました

あるとしたら みんなが平和に

地球 宇宙全体が平和だったらいいな ってことかな


宇宙の秩序の元 いつも 万物にとって 最善なことが起きてる って 

お腹の底から思います  

それは 知ってる感覚の方が近いです


表層の意識に 個のわたしに 思いっきり なりきる時もありますが

それもまたよし っていう感じで 

また 時が来たら 静かな自分のところに戻っています


感じることができたり  目に見えたりする

からだや

気持ち

行動

出来事や

記憶 だけが わたしだという 視点から

万物の根底になる 静寂 意識そのものが 

元々のわたしだった と思い出しながら

地球で体験する時代の 扉が開きました 


今日も みなさんにとって 素敵な1日でありますように

2013年08月19日

見方が変われば世界が変わる

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20158.JPG


プロペラ機に乗ったとき いつもより高度が低かったのか

雲がとても近くて 雲の織り成す世界に 魅了されました

虹を見下ろしたのは 初めてでした!


同じ世界だけど 見方が変われば 世界が違う

今 見えてる世界は 間違いなく 自分がそのように解釈して映し出してる世界

淡々と起こっては過ぎ去っていく なにの意味のない無常な顕れを

自分の好きなように 見ることができる


自分がそのように解釈したまま 人生という物語を創ってると 知ってることは

自分の人生に責任がもてているということ

あなたがシナリオライターですから

あなたの起こってくる人生を どのようにでも彩ることができる

2013年08月10日

すべての願いはもう叶ってる

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20006.JPG


今日もあっという間に この時間になってました

夏休みなので 子供たちは 部活に 遊びに満喫してます

子供たちが 楽しそうにしてると わたしまで 便乗して 一緒に楽しくなります


それは 子供たちに限らず

目の前の人がうれしそうだったら

一緒に うれしくなるし

悲しんでいたら 一緒に悲しくなるのは

みんなと たったひとつのいのちを共有してるゆえに起こってくる自然なこと 

やっぱり 他の人はいないのだな と つくづく そう思います


そして 個の視点から見ると 

みんな まわりのすべては 

わたしという波形を 魂の望む体験を 映し出す鏡 

いろんな姿や 出来事を通して 

日々 わたしにいろいろなことを 気づかせてくれます

そして いつも 万物を通して 宇宙は やさしく 語りかけてくれてます


なんてありがたいのでしょう

個のわたしが 

より自由に 

魂の声にダイレクトに生きれるように

真に望むことを この地球で体験できるように

いろいろな役割を演じてくれて わたしという人生に現れ 協力してくれてる


魂の望む すべての願いは もうすでに叶ってる

たった いま この 瞬間も 

わたしたちは ただ これをしたいがために この地球にいるのですから

2013年08月09日

ダイレクトに

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20042.JPG


今日も 新しい1日が始まります

阿蘇山から帰ると  気がつけば

いままで あたりまえのように習慣化してたものが変化したり

環境が変化したり    食習慣も変化したり

お片付け お掃除 お洗濯 たくさんしたくなったり

魂の声がよりクリアに ますます そこにしか従えなくなってる感覚です


本当にしたいことをし

本当に会いたい人と会い

魂の声を ダイレクトに 表現し

そのままでいることの 気楽さ 

あるががままでいることの 心地よさ

すべては 繋がってて いつだって大いなる流れの中にいるという 安心感

すべての存在の あるがままの美しさ


この地球は  聖なる波形の戯れでしかなく 

顕れてるものは すべて いかなるときも 万物にとって 聖なる変化してる


今日も みなさんにとって 素晴らしい1日になりますように


2013年08月04日

わたしはわたしのままでいい

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20076.JPG


わたしはわたしのままでいい


これを心底自分に受け入れることは 計り知れないパワーがあります

すべてを包容する力があります


ただ 素直に日々を感じ 思い 

時には つまずき 落ち込んでも 

その度に ここに帰ってこればいい


「 こう しなければならない 」

「 こういうふうに 思わなければならない 」

密かに 自分に 荷せてる想いに 気がつくと

あなたは そこから自由になり

ゆるみ 本来のパワーが戻ってきます


揺らいで あなたには もう不要になった思いが 自然に解き放たれ

あなたは どんどん 自由になっていく


すべては そのためのものでしかありません

宇宙の采配は 完璧です


今日も みなさんにとって 平和な1日でありますように 

2013年08月03日

すべては 美しき戯れ

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%93%EF%BC%97%E6%9C%88%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%9F%E4%B9%9D%E5%B7%9E%20098.JPG


気がつけば 8月になっていました!

みなさま 今日もこちらに遊びに来て下さり ありがとうございます


特に行きたいところもなく  したいこともなく

どこにもいかなくても 充分満たされてありがないなぁ と 思ってますが

行くところには 行くようになってるんだなぁ と 改めて思いました


すべてが 大いなる流れの中で動かされてるような感覚の中

面白い絡み合いで  押し出されるように

先日 九州へ行ってきました 

湯布院  別府  そして 久住高原  阿蘇山 あたりを

レンタカーで600キロ 横断

大自然のドライブを楽しみながら 地球の大地を満喫してきました


日程も 予定は未定で 

その時のお天気や 現地の方に教えてもらったり  

やっぱり 起こってくることは すごい

あらためて 宇宙の采配に脱帽でした


誰もが 宇宙の一側面として ここに存在し すべてのいのちはたったひとつで

たったひとつの意識の采配の元 すべては 営まれてる


雲の流れ  

輝く星  

そよ吹く風   

月が地球の周りを回り

地球が回ってる 

その意識と同じ意識が  わたしたちを突き動かしてる 


その意識の顕れとして 

ここに こうして体験させてもらえてること

ここで こうして あなたに出会わせてもらえてること 


すべてが 尊き  美しき  戯れ 


ここには それしかありません

About

2013年08月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年07月です。

次のアーカイブは2013年09月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。