« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月 アーカイブ

 

2013年01月31日

まっさらさら

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%92%E7%9C%8C%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%A3%AE%20027.JPG


今日は 金沢は 雲一つない快晴!

窓を全開にして 家中お掃除  気持ちよかったーっ!


今日で 1月はおしまい

感覚で 理由もないけど 2月から 始まり という感じがするのはなぜでしょう?


日々 出たり 入ったり

そのままの自分で ごまかさず 守らず 正当化せず 

そのままでいることの気持ちよさ  身軽るさ

風のように

水のように

さらさら流れて めぐってる


ハートが開かれる(意識が広がる)と 

本当に望むものと 望まないものがはっきりしてくる

そこには ただあるだけ  

守る自分や 言い訳や ごまかしはない

すべては 気がつけば 自然に明確になってくる

あるがままに


どんどん 日々 開かれてる

この星全体が そこにいる 森羅万象が 日々こくこくと 広がってる


2013年01月28日

すべては それでできてる

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%92%E7%9C%8C%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%A3%AE%20030.JPG


雪が ひとつひとつ 天から舞い降りる 

美しいなぁ この地球は奇跡にあふれてる


今 ここに こうやっていることも すごい 奇跡だし

雪が ひとひら ひとひら 舞い降りるのも 奇跡だし

あなたが ここにこうやっていることも 奇跡だし


ふと 目の前の奇跡に思いを馳せると 壮大ないのちの循環

いろんな形に 変化しながら 巡り巡っていく いのち 


その いのちの巡りの一部として 

日々 瞬間瞬間変化しながら

わたしたちは ここにこうやっている

それも 寸分の狂いもなく 

大いなる秩序の 営みの元で 

ただ このいのちの美しさを 悦びを 感じるためにここにいるかのよう


もし ここに在る意味があるとしたら 

普遍の 無条件の 悦びを 

すでに もう どんな時も 

万物は 無条件に 祝福された存在だと 思い出す

ただ それだけのような気がします


2013年01月22日

寛ぎのなかで

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%8E%E5%A4%8F%E3%80%80%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E3%80%80%E6%88%B8%E9%9A%A0%E5%A5%A5%E7%A4%BE%20065.JPG


きっと ものすごく 単純なことで 

なろうとしなくても 

今 この状態にくつろぐことで 

静寂 平和 悦び 至福は いつも共にある

森羅万象 すべての存在の質は これだから


あるがままに生きる  

真に生きるとは こういうこと


評価も 怖れも 判断も 善悪も なく 思考にまみれない

ただ いまにくつろいで在る  

静寂は 環境ではなく 思考にまみれていない状態のこと


しあわせも 不幸も超えたところに

ポジティブも ネガティブも超えたところに

思考を超えたところに

なにものにも揺るがない静寂が いつも鎮座してる


ただ そこに身をゆだね ここを真に生きる


いま沸き起こるまま 自由に書き綴ってみました

2013年01月19日

地球での悦び

%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%8E%E5%A4%8F%E3%80%80%E8%AB%8F%E8%A8%AA%E5%A4%A7%E7%A4%BE%E3%80%80%E6%88%B8%E9%9A%A0%E5%A5%A5%E7%A4%BE%20093.JPG


みんな 流れそのもので 

そこか離れてる人などひとりもいなくて 

森羅万象 すべてが 源の現れ


あえて この地球に 自分 というデザインになりきって 

分離したかのように見えるこの世界だから 


無意識のうちに 守ろうとしてた自分なんて はじめっからなくって 

みんな ひとつ


この 本来の質が 思い出されるたび 

胸が震えるほどうれしくなる

ここでしか味わえない悦び


この地球で この悦びを味わいたかったんだなぁ と 

しみじみ想う 今日このごろです


2013年01月11日

2008%EF%BC%8E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%20090.jpg


今日も あたらしい朝です

起きると 金沢は雪化粧でした


さぁ 新しい1日の始まりです 

今日も 気持ちよくいきましょっ 

2013年01月05日

わきおこるまま

okinawa%20010.JPG


 「 そのままでよい 聖なる道具に徹せよ 気高くあれ 」


誰もが 存在してるすべてが 聖なる道具

気高く 宇宙の源の目線で ここを見たときに 

すべての深刻さは消え去り 

何が起きても 起こらなくても すべては終わっていくので 大したことなどなく

営まれている 完璧さに 畏敬の念だけがわき起こる


その人 その人 が存在するのではなく

その時 その時 があるだけ

すべてが 人という器を通して いろんな周波数が 

そのとき そのとき出てるだけ


すべて 聖なる道具であり この地球でハーモニーを奏でてる

表層でまるで現実のように見えるドラマに巻き込まれない 

ポジティブでもネガティブでもない 

静かなこころは

思考で判断することでも 解釈することでもない


わたしは誰か  大切なことは ただそれだけ


わきおこるまま 書き綴りました

カッコの言葉は 前に 白山さんへ行ったときに わきおこってきました

とってもハートに響きました


どんな役も うけたまわります

起こってくることは 

時空を超えたすべてにとって ベストだから


すべて現れているものは 表層で 

この器を通して どんな周波数が出てこようと 

本当の質は不変

汚れることもなく キレイになるものでもないから

みんな 宇宙の根源そのもの


  
  

2013年01月01日

あけまして おめでとうございます

2008%EF%BC%8E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%20028.jpg


          あけまして おめでとうございます


       あなたが あなたでいてくれて ありがとうございます


   今年も みなさんにとって 素晴らしき年に なりますように!!


         2013年  元旦   神谷沙良


  

About

2013年01月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年02月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。