« 2011年11月 | メイン | 2012年01月 »

2011年12月 アーカイブ

 

2011年12月31日

ありがと 

038.JPG


やっと お掃除もひと段落 

今年も いろんないのちに出会えて ありがたいです


すべての人間関係 関わりは 

本当の自分は誰か 

を思い出させてくれる 素晴らしい機会 


みんな みんなが 

わたしは誰か  

を思い出させてくれるために

無限のいのちの秩序で 出会えた人ばかり


ホントに出会ってくれて 

人生に登場してくれてどうもありがと!!


よいお年をお迎えください 


2011年12月30日

みんなひとつ

022.JPG


昨日 長男がお友達と年末のパーティでとても楽しかったようで


洗濯干しながら なぜか 遊びも部活も塾も いつも一緒なKくん家族を思い出して  

「 Kくんの家族に ホントにいつもよくしてもらって ありがたいなぁ

  Kくんがいてくれて 直樹 今年もとっても楽しい年になったな

  ホントにありがたいな~  」

って ありがたい気持ちがホワ~ っと沸き起こってきました


洗濯干し終わって 携帯の近くを通ったとき ちょうどメールが入って

Kくんのお母さんからのメールには  

「 神谷家のおかげで 我が家(特にK)は とってもハッピーな1年でしたぁ 」


さっき どこからともなく ホワ~っと沸き起こってきた想いと全く同じでした


自分の気持ちって あるようでなくって

きっと こんなふうに 網の目のように絡み合って

みんながたったひとつの何かで 

生かされてて 

思いが至り 流れていき 

みんなひとつなんだなぁ 

って うれしくなりました


先住民はコミニュケーションは 言葉は使わずに インスピレーションで会話してた

言葉は祈りや唄を捧げる時に 使ったそうです  それは今も 

きっとこれは 特別なことでも何でもなくって

知らないうちに 意識せずに みんなももうしてること


ありがとうの気持ちとか 

元気を願う気持ちとか

そういうのって エネルギーでちゃんとその人に届いていて

知らずとも その人の力になったり 優しい気持ちになったりして

みんな みんなに 生かされてるんだなぁ って

そう 思いました 


2011年12月29日

朝ですよ 

040.JPG


あたらしい朝 

朝の空気は 凛として とても気持ちがいいです


守るものなんて 何もなくって 

失うものもなにもないから

実際にはないものを 守るために おびえて生きてるより

ただ 気持ちが広がって いるだけのほうが

よっぽど 気持ちがいいなぁ 


さぁ 今日も気持ちよくいきましょっ 


 

2011年12月27日

無限 

011.JPG


選ぶことができる 

自分は限定された個の自分か 

無限の自分か


限定された意識 自我の意識の中で

気持ちをコントロールしようというのは 無理

必ず 無理がかかり ひずみが生じる


無限の意識を選択することはできる

そこは 苦しみの存在できないところ 

そこは 至福しか 存在しない 


自我で そういう自分になろうと思ってもなれない 

自我で自我を制することはできない 

それはできてるように思っても

一時的にコントロールできてるつもりになってるだけ 


至福は すべての存在の根底で 

いつもあって そこから離れたことは1度もない


この世界にいながら この世界にいない とは 

本当の自分でいること

 

2011年12月24日

クリスマスのねがいごと

024.JPG


母が 息子たちにくれた クリスマスカード

小さな絵本のカードになってて 

こぶたちゃんの絵とお話が とってもかわいいんです 


「 クリスマスのねがいごと 」


クリスマスにおいのりします


きみが 元気でいられますように!


きみが のんびりいられますように!


きみと おいしいものがいっぱい食べれますように!


きみに たのしいことがたくさんやってきますように・・・

 って きみのことばかり うかんできちゃう!


そうか きみの笑顔が わたしのチカラになってるんだ!


きみがいてくれて

ほんとうによかった

こころから

ありがとう


メリークリスマス!

 

2011年12月22日

いのち 

098.JPG


昨日で 長男が14歳になりました

ホントにあっという間 

いのちの神秘を感じます


お腹から出てきて 

大きくなるために わたしが毎晩足を伸ばしてるわけじゃないのに

どんどん大きくなって 勝手に育って

いのちの営みって ホントにすごいですね

誰もが この根底にある 命の営みで生かされてるんだ


この 根底にある いのちの営みで 

今日も気持ちよくいきましょっ 


2011年12月19日

虹っ!

031.JPG


北陸の空に このごろ虹がよく架かってます


虹を 見ると うれしくって 幸せな気持ちになりますね


今日も 素敵な1日のはじまりです

  

2011年12月18日

日曜日のあさ

008.JPG


今日も まっさらな1日の はじまり はじまり


身体を動かすと 身体の中のめぐりがよくなって ホントに気持ちがいいです!


身体を動かせれる感謝と共に 今から エアロとヨガにいってきます


さぁ 今日も気持ちよくいきましょっ

  

2011年12月14日

生きてるだけで 

%E3%81%82.JPG


生きてるって 大変だと思います

うれしいことばかり続くわけでもなく

いろいろあったり  時には思い通りに行かなかったり 

疲れることもあるし  いやになるときもあるし

ホントに 大変 


だからこそ 生きてるだけで とってもよくがんばってる

すごい! すごい! 

生きてるだけで もうみんな大仕事してます 

みんな いつも いつも 

ホントに 生きてるだけで 自分をほめてあげなきゃねっ 


2011年12月12日

次男のつぶやき 

%E3%81%BF%E3%81%A9%E3%82%8A%20%281%29.JPG


「 このごろ あんまり眠れん なんでやろう?おかしいな どうしてやろう 」


小6の次男が 独り言のように つぶやいてました 


ーーー いや 君は十分にぐっすり寝てると思うけど(笑) 


「 おかしいな どうして眠れんげんろ 」


よくよく聞いてみたら  


「 このごろ お母さんのところで寝てないからかな おかしいな 」


2.3日前「 直汰 お母さんと一緒にねるのやめんなん もう大きくなったから 」と

自分のお布団で寝るようになりましたが

そのつぶやき?から また戻ってきました   


「 お母さん ホントは直汰と寝たいげんろ さみしかったやろ 

 直汰 一緒に寝てあげるね 」

そこで わたしが「 直汰の好きなようにしたらいいよ 」って言うと 

いつも「 直汰と寝たくないってことやねっ!!」って

すんごいぷんぷんになって怒ります   

それで あっ こういうときは 

「 うん お母さんも一緒に寝たいよ 」って言ってほしいんだ って分かりました

今回は 前に学習したこと思い出して 

「 ありがとっ 」って言うと 

にんまり うれしそうな顔してました 


子供は 時には 裏腹に気持ちを表現して

その思いが 後になって分かること あるけど


しらじらしい(笑) 次男のつぶやきには 笑うのこらえるの必死でした(笑)


2011年12月09日

原点 

072.JPG


今日も 新しい1日のはじまり はじまりです


ていねいに暮らす  


このごろ そのフレーズがよく頭をよぎります


お食事をおいしくなあれと思って作ったり 

窓を開けて風通しよくしたり 

お花に気をかけてみたり

洗濯物乾きやすいように工夫して干してみたり

気持ちよく暮らす  


あわてて作った料理のときは

子供たちに 「 お母さん 今日の ごはん 適当につくったやろ 」 

とバレバレなんです 


決して わたし お料理得意なほうじゃないんですが

みんなに美味しいもの食べてもらいたいな って思って作ったら 

「 おいしいっ!」 って 喜んでくれます

やっぱり 気持ちもお料理に乗って 伝わるんだな って思い知らされます


ひとつ ひとつ ていねいに暮らすことで 

洗濯ものを干したり 

お茶を入れたり

ご飯つくってるときも

心に豊かさが広がっていく気がする


目の前のこと 

目の前の人 

ひとつ ひとつ 

大切に ていねいに 

そう生きていきたいなって 

今 思いました


2011年12月08日

もみじ

096.JPG


さぁ 今日もあたらしい1日のはじまり  


今日も 気持ちよくいきましょっ 


2011年12月05日

予定は未定 

112.JPG


週末は 大阪 京都へ行ってきました

電車に乗る寸前に 私の分の切符を忘れたことから始まり・・・(笑)

なかなか スリリングな旅の幕開けとなりました 


二日目 京都の貴船山へ登りぐるっと回ってくる予定でしたが 

下調べしてた紙がなくなって  

出会った方に聞いたり 目についた看板を目印にいきました

あれ?さっきまでいた人が誰もいない

ホントにわたしたちだけでした 

「だいじようぶかな?誰もおらんよ」と子供たちは心配してましたが

「道 あるし 小さいけど看板もあるし  だいじょうぶ だいじょうぶ 」

と なだめながら 歩いてました

木の間に 小さな道がつづき

しーんと静まり返った 山間の道 とっても気持ちよかった 


途中で これ道だよね っていう感じの木の間を通って

突然 開けた登山道になり さっきいた方を発見っ! 

わたしたち かなりマニアックな道を歩いてたことが そこでわかりました(笑)

それから 雨も降ってきたし 

思ってたよりかなり時間もかかりそうだったので

予定を途中で断念して 戻ることにしました  

引き返してしばらく歩いてたら 雨もやみました


駅に戻って 貴船まで電車で行こうか って言って歩いてたら

道にちょうど「貴船口分岐点」っていう看板があったので 降りてみたら

すんごい急坂で 道なき道で まさにサバイバルでした! 

この人たち どこから降りてきたの? っていうような 

すごいところから 道路に出てひと安心 念願の貴船に着きました 


京都駅までの帰り 乗り換えの東福寺の駅が すごくにぎわってました

帰りのサンダーバードまで時間があったので

駅を出て 人の流れについていこうか ってことになって

みんなについて行ったら そこは東福寺というお寺でした 

そういえば 数年前に 京都生まれのお友達がおすすめしてくれてたお寺でした

紅葉も とても美しかったです  

空には 虹も架かってました 


そのほか いろんなことが 予定してたこととかなり違って

「なんか おもしろいね」 って言ってたら

「ぜんぜん おもしろくないしっ おかあさん忘れただけやしっ」 

って長男に突っ込まれました(笑) ホント その通りです ごめんなさい(笑)


予定とおりにいかなかったこと いっぱいあったけど

大いなる意識で生かされてるなぁ って 

そんなことたくさん思った旅でした


About

2011年12月にブログ「Kamiya Sara Diary」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。